旭川店 Topics

北海道マツダ販売株式会社 旭川店

2019.07.21

お知らせ
8月夏季休暇のお知らせ

こんにちは、北海道マツダ旭川店の石井です。

8月の休業日についてお知らせいたします。

8月は毎週火曜日をお休みとさせていただくほか、夏季休暇といたしまして8月12日(月曜日)より16日(金曜日)までお休みさせていただきます

お客様にはご不便、ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

なお、当店休業日のお車のトラブル・故障等につきましては、

JAF TEL:0570-00-8139、もしくは03-5730-0111 へお申し付けくださいませ。

ご不明な点等ございましたら、スタッフまでお気軽にお問合せください。

2019.07.11

ブログ
アクセルとブレーキの踏み間違い 工夫編

こんにちは、北海道マツダの石井です。

最近テレビで、アクセルとブレーキの踏み間違いのよる事故のニュースが取り沙汰されていますね。

私も発信する際、アクセルとブレーキを踏み間違えて、あわや目の前の車に衝突寸前!という事態になったことがあります。

運転されている方なら、誰しもそういう経験が一度はあるかと思います。

そもそも、なぜアクセルとブレーキの踏み間違いは起こるのでしょうか。

AT車の場合、アクセルペダルは右側に、ブレーキペダルはその左側と、2つのペダルが並んで配置されています。
操作するときは、右足だけでアクセルペダルとブレーキペダルを交互に踏み替え、それぞれ「踏み込む」という同じ動作で操作するため、年齢・男女問わず起こりうるのです。

平成28年度の交通死亡事故における人的要因は、ハンドル等の操作不適による事故が最も多く、その中でもブレーキ・アクセルの踏み間違いによる死亡事故は20件以上発生しています。(下記写真参照)

前進時の踏み間違い事故の場合、意図しない事態に慌ててしまい、反射的に間違って踏んだアクセルペダルをさらに踏んでしまうことが多く、クルマは加速した状態でコントロールを失うためにニュースで見るような重大な事故につながりやすいのです。

誰でも経験し得る、ペダルの踏み間違いが起こらないようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

先日発売になったMAZDA3には、アクセルとブレーキの踏み間違いが起こらないよう、また、踏み間違いが起こったとしても重大な事故にならないよう細かな工夫と技術でドライバーの皆さんをアシストします!

まず、タイヤの前輪を従来よりも前方に移動し、足を自然に伸ばした位置にペダルを配置することにより、アクセルとブレーキの自然な踏み替え操作をサポート。

アクセルとブレーキの踏み替えがしやすい「オルガン式アクセルペダル」を採用しているため、かかとの位置がずれにくくなり、 アクセルとブレーキの踏み替え時に足首に余計な負担がかからず、より自然に踏み替えることができます。

また、MAZDA3ではペダルを「く」の字のような形状に変更。

ペダルの支点をドライバーのかかと位置に近づけたため、ふくらはぎの筋肉を効率的に使えるようになり、より操作しやすく疲れにくい構造へと進化しました。

これらは、マツダが以前より掲げている「人馬一体」の考えに基づいています。

自分の手足を動かしているかのように、思い通りに運転が楽しめる“究極の人馬一体”。
無意識にクルマと一体となり、意のまま走れるよう追い求めた結果です。

次回は、人的ミスを軽減する、マツダの先進安全技術をご紹介いたします♪

<<前のページに戻る

2019年