Topics

2021.12.24

ブログ
オールラウンダーを目指すCX-5「見て・触れて・乗って」を体感して下さい ♬ ~ 進化し続ける CX-5 情報第2弾 ~


「商品改良」CX-5の試乗車も道内各店で準備がととのい「見て・触れて・乗って」の試乗が出来るようになっております。

そこで、CX-5試乗チェックポイントをお伝えしていきたいと思います。

ポイント1  デザイン・・・マツダのデザインは何かに似せるとか、流行りを採り入れるのではなく、「マツダのスタンダードSUVはこうあるべきだ」とマツダのデザイン哲学が大胆に表現されています。 (少し離れて真横からご覧になって下さい。)

ポイント2  内装・・・センターコンソールの作り込み。SUVの本場北米では、この手のモデルが立派に見えるかどうかは、センターコンソールの幅をどれだけ確保できるか、そしてそこにカップホルダーを横に2つ並べられるか、で判断されるのです。CX-5はそのスペースを確保しただけでなく、コンソールを高くレイアウトし、上級クラス感を十二分に表現しています。

ポイント3  シートポジション・・・シートに腰を下ろし、ペダルに足を乗せ、ステアリングに手を添えると、とても自然なポジションとなり快適で、それはクルマと一体となったかのような印象を与えるレベルの質感にあふれたものです。(シートバックは少し立て気味にセットしてみて下さい。)

ポイント4  走行性能・・・熟成によってさらに極められたハンドリングは、きめ細やかさが存在して、シートで感じた一体感をさらに高めてくれます。といっても、ハンドリングだけが突出しているわけではなく、サスペンションからボディー剛性まですべてが丁度いいところでバランスし、それがデザインにも通じています。

ポイント5  MT車設定・・・ディーゼルユニットにMT(マニュアル)車が設定されている、CX-5ではMT車を乗ると愉しさが増すディーゼルエンジンにあえてMTを組合わせています。(MT車の試乗車は有りませんがスカイアクティブ・ディーゼルとスカイアクティブ・ドライブの組合せから力強い走りを体感ください。)


   CX-5の更なる魅力を発信はこちら ⇒ HOKKAIDO MAZDA TIMES


みなさまには、全道お近くのマツダ店舗へお立ち寄りいただきたく  NEW CX-5 の試乗ポイントをご案内させていただきました、興味を持っていただけたなら幸いです。

社員一同みなさまのご来店を心よりお待ちしております。


店舗情報     試乗車情報     らくらく試乗申し込み 


                                北海道マツダ販売(株)

<<前のページに戻る