北海道マツダ販売株式会社 > 会社案内 > 北海道マツダの健康経営に向けた取り組み

北海道マツダの健康経営に向けた取り組み

北海道マツダ販売株式会社

弊社の健康経営対策として定期健康診断の100%受診実施及び有所見者への二次健診の受診勧奨、ストレスチェックの全員実施、高ストレス者への面接指導、インフルエンザの予防 接種費用の補助、団体長期障害所得補償保険並びに三大疾病保障保険の加入、社内の分煙化等を推進しております。
 新型コロナウイルス感染症予防として、社員やその家族及び取引先企業の方に対してワクチンの職域接種(3回目)を実施しており、弊社として今後もより一層健康経営を推進して参ります。

健康経営優良法人(大規模法人部門)の認定について

弊社が実践する健康経営に関する取り組みと実績が評価されまして経済産業省及び日本健康会議が主催する
健康経営優良法人認定制度にて、3年連続で『健康経営優良法人2022(大規模法人部門)』に認定されました。

健康経営優良法人認定取得取り組み後の成果

定期健康診断受診率
2020年100%
2021年100%
二次検査受診率
2020年80%超
2021年80%超
ストレスチェック受診率
2020年100%
2021年100%

 定期健康診断を確実に実施し、二次検査の受診を強く推進した結果、重大疾患の早期発見に繋がる事例が多くみられました。
ストレスチェックも確実に実施する事で「社員の心と体の健康」を改善しています。今後もより一層取り組みを強化して参ります。